夜間の理学療法士なら社会人でも通える|資格習得を諦めない

ウーマン
男の人

リハビリ関連資格を目指す

理学療法士はリハビリ関連の資格で、養成課程のある大学・短大・専門学校等で学んだ後に国家試験に合格することによって取得できます。専門学校の中には夜間部を設けているところがあり、働きながらでも学ぶことができます。

勉強道具

リハビリ医療学ぶ

理学療法士は、医療関連の資格の中でも汎用性の高いことで知られています。リハビリ医療から高齢者介護、スポーツマッサージまで、幅広い分野での活躍が期待できます。国家試験を受験するには養成学校で学ぶ必要がありますが、夜間部も設けられているので働きながら資格取得を目指すことが可能です。

医療や福祉分野の専門資格

施術

経済的な負担の削減

理学療法士になるためには専門資格を取得する必要があります。しかし、この資格を取得した後では医療関連の施設をはじめ様々な場所で活躍する事が可能です。理学療法士の活躍できる場所はより広範囲なものとなりつつあり、将来的な活躍が期待されています。特に、高齢者の増加に伴い専門知識を持つ理学療法士が介護関連の施設などでも必要とされており、そのニーズは増加の一途を辿っているのです。理学療法士の受験資格を得る事が出来る場所は大学だけではなく、正式に認定された専門学校でも可能です。専門学校は理学療法士の養成を目的とした専用のプログラムを持ち、幅広い層が福祉や医療分野に貢献できるように多彩な教育カリキュラムを設置しています。その中でも夜間授業を開講しているスクールが目立ち始め、社会人でも理学療法士として活躍できるように夜間の教育環境を提供しているのです。夜間でも通える理学療法士の教育機関は四年間にわたり学ぶケースが一般的ですが、中には三年間で国家試験の受験資格を得ることが出来る場所も見られます。理学療法士になるためには学費として数百万円単位の支出が必要とされます。しかし、三年間で修了する教育プログラムならば、その大半の費用を一年間の就業で支払う事が可能です。また、昼間の時間帯は仕事に専念し夜間のみスクールに通う形態であれば、経済的な負担を削減することもできます。その為、理学療法士は社会人になってからでも挑戦できる職業となっているのです。

施術

使える時間を上手に活用

理学療法士の学習は専門の学校で学ぶことが必要です。働きながらなど、時間が限られている方でも夜間の学校を利用することで、確実に学び続けることができます。そして国家試験に合格した後も、就職をサポートしてもらえます。夜間の学校で学び、目標を実現できるようにしましょう。