夜間の理学療法士なら社会人でも通える|資格習得を諦めない

レディ

リハビリ医療学ぶ

勉強道具

働きながら資格を目指す

理学療法士は、数ある医療関連資格の中でも特に人気の高いものの1つです。理学療法とは、ケガや病気などによって身体機能に故障を生じた人々に対し、動作訓練などを通じてその回復を目指す医療技術です。理学療法士は医師等と連携し、患者の社会復帰のお手伝いをします。理学療法士の活躍する場所は病院やリハビリセンターなどの医療関連施設のほか、障がい者関連施設、児童養護施設、スポーツ関連施設など多岐にわたります。近年は高齢者介護の分野でも需要が高まっています。こうしたことから、キャリアアップのために理学療法士資格の取得を目指す人が増えてきています。働きながら資格取得を目指すなら、専門学校の夜間部での学習が便利です。理学療法士試験を受験するには、まず指定された養成学校に入学して必要な知識や技能を身につけなくてはなりませんが、夜間部は正規の養成課程として受験資格を得るのに必要な単位を修得できます。理学療法士の養成学校には大学・短大・専門学校・特別支援学校の4種類がありますが、国家資格そのものは1種類です。そのため、どの学校で学ぶか、昼間部と夜間部のいずれで学ぶかによって受験に際してハンデが生じることはありません。夜間部での勉強は、たとえば昼間は大学等で別の課程を専攻している人にとっても便利です。資格取得のためのダブルスクールとして活用すれば、医療・福祉関連の企業や施設などへの就職活動に生かすことができます。