夜間の理学療法士なら社会人でも通える|資格習得を諦めない

レディ

リハビリ関連資格を目指す

男の人

働きながらでも勉強できる

リハビリテーション医療に関連した国家資格はたくさんありますが、その中でもよく知られているものの1つが理学療法士です。理学療法とは、運動療法や物理療法などを通じて、身体機能の回復を目指す医療技術です。具体的には、起きる・立つ・歩く・寝返りを打つといった基本的な生活動作の反復訓練を行ったり、必要に応じて電気治療を行ったりします。病院・リハビリセンター・介護施設などさまざまな場所で活躍しています。理学療法士の資格を取得するには、国家試験に合格する必要があります。受験資格は国または都道府県が指定した養成校で学び、必要な単位を修得することで得られます。2017年現在、全国には約250校の理学療法士養成校があります。内訳は大学・短大・専門学校及び特別支援学校です。理学療法士養成校における学習期間は、3年または4年です。大学は4年、短大は3年ですが、専門学校は3年制と4年制があります。3年制と4年制のどちらで学んでも得られる資格に違いはありませんが、学位の違いによって就職時の待遇等が異なる場合があります。なお、一部の専門学校には、昼間部のほかに夜間部も設けられています。夜間部は基本的に4年制で、資格取得に必要な単位数は昼間部と変わりません。夜間部には、すでに仕事を持っていたり、昼間に別の学校に通ったりしながらでも資格取得を目指せるというメリットがあります。そのため、作業療法士など他のリハビリ関連資格を持っている人が、仕事の幅を広げる目的で夜間部に通うといった例が多く見受けられます。